• セミナー情報
  • 四国
  • 開催終了

2021/06/27 【山口県】 日本口腔看護研究会第4回山口地区セミナーのご案内(終了しました)

2003年、東京歯科大学名誉教授の奥田克爾先生より「口腔ケアで口腔細菌数を減少させることによりインフルエンザの発症が減少した」との報告があり、同様にエンベロープを有するコロナウイルスにおいても、歯周病菌のタンパク質分解酵素やアンジオテンシン変換酵素Ⅱ受容体の歯周病による増加など、コロナウイルスと歯周病の関係が注目されつつあります。コロナ禍の今だからこそ、現在口腔ケアに関わっている方々は勿論、これまで口腔ケアに直接関わっていない医療・介護従事者の皆さまにも、口腔ケアの重要性を理解して頂き、多職種による口腔ケアの普及を目指してまいります。
大会長 戸井正樹  日本口腔看護研究会山口地区代表世話人
(戸井歯科クリニック院長、山口県歯科医師会理事)

日 時

2021年6月27日(日) 14:00 ~ 15:30

場 所

WEB開催

参加対象

歯科医師、医師、看護師、歯科衛生士、薬剤師、言語聴覚士、理学療法士、栄養士

作業療法士、介護支援専門員、介護士、その他の医療介護従事者など

参加費

500円

 

定 員

200名 ※先着順受付 定員に達し次第、締め切らせていただきます

申込方法

チケット代行サービス「Peatix」からのお申込になります

※下記に申込ページリンクあり

主 催

日本口腔看護研究会(JAON)山口支部

プログラム

▼ 内 容 ▼

講演
「効果的な口腔ケアの提供は、病態の理解から」

公立大学法人九州歯科大学 名誉教授/病院教授

柿木 保明先生

申込期限

2021年6月16日(水) までにお申し込みください。

日本口腔看護研究会 第4回山口地区セミナー 案内書
たくさんの方々のご参加をお待ちしております。
当セミナーの予約受付は終了いたしました。ありがとうございました。
公開日: 2021/03/26